Facebook Instagram Twitter

CROSS fighting entertainment

北陸から世界チャンピオンを輩出せよ。

 11月4日、ホテル金沢で同エリアでは画期的な格闘技イベントが開催される。
「様々な団体とクロスすることで、北陸最大級の格闘技イベントを目指す!」というコンセプトのもと、旗揚げされることになったCROSSだ。  命名したのは、現役時代はキックボクシングの世界王者として活躍し、現在はRISE代表として格闘技界に大きな影響力を持つ伊藤隆。CROSSという看板に偽りなく、今大会ではRISEの公式戦が組まれ、アマチュア育成として NPO法人 全日本新空手道連盟 久保坂左近代表の協力でグローブ空手の老舗・新空手のTOPアマ公式戦 提供試合も行われる。
 RISEといえば、″神童″那須川天心がホームとし、11月17日には今年二度目のビッグイベントが″大相撲の聖地″両国国技館で控えているメジャープロモーションだ。ハッキリいって、これは事件である。過去には映像でしか楽しめなかったグレードの試合を北陸で楽しむことができるのだ。格闘技ほどライブと映像で差が出るスポーツはない。一度ライブで格闘技の醍醐味を味わってしまったら、その虜になってしまうだろう。
 そもそも、CROSSのプロモーターでかつてはファイターとしても活躍した藤田雅幸は2007年から10年間金沢を拠点に「SAMURAIあばれ祭」という格闘技イベントを11回も行っている。その積み重ねとノウハウがあるからこそ、今回あばれ祭をグレードアップさせたCROSSを実現させることができたのだろう。今後もCROSSのポリシーに賛同するプロモーションや団体があれば、積極的にクロスしていく意向だ。
 お膳立ては整った。地元に大きな舞台があれば、北陸地区在住の選手たちのモチベーションはいやがうえにも高まる。今後、あばれ祭をコンスタントに続けながら、ここぞというタイミングでCROSSを開催すれば、北陸立ち技格闘技界の大きな流れが確立されるだろう。
 この大舞台で今まで交わることのなかった団体やプロモーションがクロスすれば、全く新しい何かが生まれる可能性が大。CROSSはあばれ祭のナンバーが踏襲され、今回はCROSS12として行われる。いったいどんな化学反応が起こるのか。(文中敬称略)


スポーツライター 布施鋼治

スポンサー

DSGグループ 総合物流輸送企業グループBeing Group アイアール保険相談ひろば
サンウェルズ 國際警備保障株式会社 フィットネスショップ
北陸ガス圧接株式会社

大会協力

RISE
INSPIRIT(インスピリット)
北陸最大格闘技イベントSAMURAIあばれ祭
全日本新空手道連盟

後援

北國新聞社